定性調査代表的な6つの手法とその使い分け

高橋 孝之

マーケティングリサーチにおける定性調査は質的調査とも呼ばれ、対義語が定量調査・量的調査であることからもわかるとおり、数字ではなく人の性質にフォーカスをおいた調査です。代表的な調査手法としては、デプスインタビュー(1-on-1 インタビュー、インデプスインタビューとも)グループインタビュー(フォーカスグループ、FGI とも)訪問調査(ホームビジット、インホーム調査 とも)、観察調査、エスノグラフィ、店頭調査(ショップアロングとも)などがあります。

下に代表的な調査手法の特徴をまとめた表を置いておきます。次回からひとつずつ解説していきます。

代表的な定性調査手法の特徴まとめ
デプス グループ 訪問調査
対象者 単数 複数 単数
時間 30 〜 90 分 60 〜 120 分 90 〜 120 分
調査場所 インタビュールーム カフェ など インタビュールーム 対象者宅
得意分野 仮説の深堀 インサイト発見 仮説の発見 ブレスト 反応理解 インサイト発見
調査難易度 ★☆☆☆☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆
分析難易度 ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆ ★★★☆☆
店頭調査 観察調査 エスノ
対象者 単数 単数・複数 単数・複数
時間 30 〜 120 分 1 日〜 1 日〜
調査場所 (擬似)店頭・店内 対象者宅 店頭・店内 特定状況下 など 生活圏内
得意分野 店頭における… 仮説の発見 仮説の深堀 仮説の発見 行動パターンの理解 仮説の発見 インサイト発見 行動パターンの理解
調査難易度 ★★☆☆☆ ★★★★☆ ★★★★★
分析難易度 ★☆☆☆☆ ★★★★★ ★★★★★

ホジョセンで働いてみませんか?

頭が沸騰するような難しい問題に直面するとワクワクできる皆さまのエントリーを、心待ちにしています。
https://www.hojosen.co.jp/recruit/

ホーム ホジョセンコラム 定性調査代表的な6つの手法とその使い分け