社名とロゴへの想い

社名とロゴを体現する
プライドを持ったサービス提供を

社名への想い

社名のホジョセンは、算数や数学の図形問題の「補助線」から採りました。

補助線とは、問題には描かれていない線のことで、その線を1本引くだけでその問題は簡単に解くことができるようになります。見えていなかった補助線1本で問題の本質が誰の目にも明らかになり、そして誰にでも解決可能になる。

企業や地域の成長の補助線になりたい、そういう想いでホジョセンと名づけました。

ロゴへの想い

ホジョセンのロゴは、単なる平面の三角形が、2 本の補助線によって立体的に見え、まったく異なった図形として成立することを表しています。色は日本の伝統色でもある、黒紅と猩々緋を採用。

黒紅は、赤みがかった黒、ないしは黒みがかった赤ですが、江戸時代から「黒」と呼ばれていた色です。基調となる黒の代替として黒紅を使うことで、日本の伝統を大切にするホジョセンの姿勢を表しています。

猩々とは伝説上の動物で、「もっとも赤い血」を持つと言われています。ホジョセンの内部に流れる地域活性・地域企業への熱意を表すにふさわしい色だと考えました。

ホーム 会社紹介 社名とロゴへの想い